JBA

JBA



試合日程・結果

女準決勝

大阪府 vs 長崎県

試合データ

開催場所 東京体育館TA 開始時間/終了時間
試合区分 女準決勝 主審
開催期日 2016年03月30日 副審
大阪府
41 10 1st 7 46 長崎県
9 2nd 11
11 3rd 16
11 4th 12
大阪府
No S 選手名 PTS 3P 2P FT F
4 * 永野 真光 4 0 2 0 2
5 * 杉本 りく 11 1 4 0 0
6 西原 楓 0 0 0 0 0
7 * 森口 朱音 7 1 2 0 1
8 洞口 実耶 0 0 0 0 0
9 * 吉村 朋子 2 0 1 0 0
10 川内 梨央 0 0 0 0 0
11 * 祢宜 菜々葉 8 0 4 0 0
12 関根 杏 0 0 0 0 0
13 森 唯千香 0 0 0 0 0
14 伯井 亜美 2 0 1 0 2
15 前田 芽衣 7 1 2 0 0
HC 市川 藤乃/ TEAM 0
合計 41 9 32 0 5
長崎県
No S 選手名 PTS 3P 2P FT F
4 * 入口 梨紗 5 1 1 0 1
5 * 岩永 慶香 0 0 0 0 0
6 * 吉原 陽世 4 0 2 0 2
7 * 木村 織媛 13 0 6 1 1
8 * 若杉 衣歩 5 1 1 0 0
9 古場 なつめ 0 0 0 0 0
10 齋藤 明日香 0 0 0 0 0
11 松尾 優希 6 0 3 0 1
12 江村 優有 13 0 6 1 1
13 澤井 華純 0 0 0 0 0
14 井﨑 優香 0 0 0 0 0
15 岩本 ひかり 0 0 0 0 0
HC 沖島 理恵子/ TEAM 0
合計 46 6 38 2 6
S
スターター
PTS
総得点
3P
3ポイントシュート
2P
2ポイントシュート
FT
フリースロー
F
ファウル

レポート


 決勝進出をかけた大阪対長崎の一戦。互いにハーフマンツーマンでスタート。
大阪は一人一人が安定したディフェンスから、速攻を展開しアウトナンバーを作って確実にスコアしていく。波に乗り切れない長崎は、今大会注目の#11,#12の1年生コンビを投入する。第1ピリオド10-7で大阪リード
 第2ピリオド、長崎の#11,#12の1年生コンビが躍動し長崎が逆転に成功。対する大阪も#5の速攻や#15の3Pシュートと意地を見せる。19-18の大阪1点リードで前半終了。
 第3ピリオド、#12を中心に長崎は4連続得点で大阪を突き放す。しかし大阪もリバウンドを粘り、#9のバスケットカウントや#7の3Pシュートで応戦する。長崎はフロアバランスを広く取り、ポストプレイでも得点を重ねこのピリオド一気に16得点。30-34と長崎リードで、このピリオドを終える。
 互いに譲れない第4ピリオド。大阪はガード陣がポストアップからの得点や粘りの守りから、ミドルシュートを確実に決めていく。拮抗したゲームだが、残り1分、長崎はディフェンスを強め大阪のミスを誘う。このチャンスを逃さない長崎は速攻を確実に決め、このゲーム最大点差の8点差で長崎リード。最後の力を振り絞って戦う大阪は、#5が試合終了間際に3Pシュートを決めるが、終始ミスの少ない長崎が、この接戦をものにした。41-46で長崎が勝利し12年振りに決勝に駒を進めた。
 予選リーグから固いディフェンスで勝ち上がってきた大阪の選手たちにも、拍手を送りたい。

試合日程・結果

一覧へ
一覧へ

3月28日(月)

予選リーグ
詳細へ>

全会場入場無料> |現地レポート>

3月29日(火)

決勝トーナメント
男女1、2回戦 詳細へ>

チケット情報> |現地レポート>

3月30日(水)

決勝トーナメント
男女準決勝、決勝 詳細へ>

チケット情報> |現地レポート>

競技日程をダウンロード