JBA

JBA



試合日程・結果

男準々決勝

滋賀県 vs 新潟県

試合データ

開催場所 東京体育館TD 開始時間/終了時間
試合区分 男準々決勝 主審
開催期日 2016年03月29日 副審
滋賀県
53 7 1st 14 67 新潟県
19 2nd 8
13 3rd 20
14 4th 25
滋賀県
No S 選手名 PTS 3P 2P FT F
4 稲垣 守亮 0 0 0 0 0
5 横田 俊祐 2 0 1 0 1
6 * 伊関 傑 13 0 5 3 3
7 福家 柊都 3 1 0 0 1
8 峰崎 奨 0 0 0 0 0
9 柏原 壮太朗 0 0 0 0 0
10 * 外川 大翔 11 0 3 5 1
11 * 初村 優龍 4 0 2 0 4
12 * 西村 慶太郎 5 0 2 1 3
13 山木 康平 0 0 0 0 0
14 * 森 寛斗 15 0 6 3 3
15 浅野 航大 0 0 0 0 0
HC 大音 健司/ TEAM 0
合計 53 3 38 12 16
新潟県
No S 選手名 PTS 3P 2P FT F
4 * 真田 龍斗 25 0 11 3 3
5 真貝 凌平 0 0 0 0 0
6 * 田村 歩夢 6 0 2 2 0
7 吉川 瑠 16 4 2 0 4
8 青山 海斗 0 0 0 0 0
9 江戸 恵大 0 0 0 0 0
10 丸山 宇宙 0 0 0 0 0
11 * 齋藤 友紀 9 1 1 4 2
12 * 渡邉 渉太 8 0 3 2 4
13 高原 伊吹 0 0 0 0 0
14 * 関矢 透弥 3 1 0 0 1
15 菱倉 崇人 0 0 0 0 0
HC 堀 里也/ TEAM 0
合計 67 18 38 11 14
S
スターター
PTS
総得点
3P
3ポイントシュート
2P
2ポイントシュート
FT
フリースロー
F
ファウル

レポート


準々決勝、滋賀対新潟。立ち上がりから新潟はボールを回し、カットインを起点として#4のミドルシュート、#11のゴール下、3Pシュートなど、中外バランス良く得点を重ねペースを握り、7-14新潟リードで第1ピリオドを終える。第2ピリオド、第1ピリオドとは一変、滋賀ペースとなる。オフェンスリバウンドから#10、#14の得点で流れを引き寄せ同点とする。新潟はタイムアウトをとり、流れを変えようとするもリズムに乗れない。残り1分滋賀#6、#11のシュートで逆転し、26-22滋賀リードで前半終了。第3ピリオドは互いに持ち味を発揮し、一進一退の攻防を繰り広げる。残り3分新潟が#7の連続3Pシュートで逆転。39-42新潟3点リードで終了。第4ピリオドもお互い点を取り合い、白熱した試合展開となる。3点差で迎えた残り2分、新潟#6のスティールから#4の速攻が決まったところで滋賀タイムアウト。ここでなんとかしたい滋賀であったが、ミスから逆に新潟#7に値千金の3Pシュートを決められてしまい、差が8点となる。その後は新潟が落ち着いて得点を重ね最終スコア53-67。粘る滋賀を新潟が逃げ切りベスト4進出を決めた。
互いに持ち味を発揮し、とても見応えある試合であった。

試合日程・結果

一覧へ
一覧へ

3月28日(月)

予選リーグ
詳細へ>

全会場入場無料> |現地レポート>

3月29日(火)

決勝トーナメント
男女1、2回戦 詳細へ>

チケット情報> |現地レポート>

3月30日(水)

決勝トーナメント
男女準決勝、決勝 詳細へ>

チケット情報> |現地レポート>

競技日程をダウンロード