JBA

JBA



試合日程・結果

男1

東京都B vs 兵庫県

試合データ

開催場所 東京体育館TC 開始時間/終了時間
試合区分 男1 主審
開催期日 2016年03月29日 副審
東京都B
83 23 1st 13 40 兵庫県
25 2nd 8
17 3rd 7
18 4th 12
東京都B
No S 選手名 PTS 3P 2P FT F
4 海貝 太一 2 0 1 0 1
5 水品 翔太 11 1 3 2 2
6 * 小野寺 恒洋 0 0 0 0 0
7 * 山内 龍也 16 2 5 0 2
8 山口 浩太郎 0 0 0 0 1
9 * 鍋田 亜廉 11 0 5 1 0
10 五島 大成 2 0 1 0 2
11 渡部 一輝 6 0 3 0 0
12 トカチョフ ヤン 6 0 3 0 2
13 * 結城 智史 11 0 5 1 1
14 楊 博 11 0 5 1 0
15 * 江原 信太朗 7 0 3 1 3
HC 森 圭司/ TEAM 0
合計 83 9 68 6 14
兵庫県
No S 選手名 PTS 3P 2P FT F
4 * 井上 塁登 4 0 2 0 0
5 * 松尾 祐吾 16 1 4 5 0
6 島 宏人 0 0 0 0 2
7 桝見 爵 4 0 1 2 0
8 * 豊島 一輝 4 0 0 4 1
9 * 石原 翔悟 0 0 0 0 1
10 森脇 新大 0 0 0 0 1
11 東 達希 0 0 0 0 0
12 * 木下 侑也 0 0 0 0 2
13 土屋 陸生 2 0 1 0 0
14 安藤 優希 0 0 0 0 1
15 下田平 翔 10 0 4 2 1
HC 服部 達哉/ TEAM 0
合計 40 3 24 13 9
S
スターター
PTS
総得点
3P
3ポイントシュート
2P
2ポイントシュート
FT
フリースロー
F
ファウル

レポート


東京オールコート、兵庫ハーフコートのマンツーマンでスタートする。試合は、東京の激しいディフェンス、リバウンドからの速攻や、#9,#7の1対1、#13、#15のゴール下と怒濤の攻撃で始まる。兵庫はたまらずタイムアウトでたて直し、#5の速攻や#8、#15のゴール下のプレイで追いすがる。両チームともに持ち味を出し合うが、第1ピリオド23-13の東京リードで終了。第2ピリオドに入っても東京は全員で激しくディフェンスし、スティールやリバウンドからの速攻や#12、#14のゴール下のプレイで得点を重ね、手を緩めない。兵庫も#4,#15のドライブや#5のミドルシュートで何とか得点し追いすがるが、点差は広がり前半は48-21の東京リードで終了。
第3ピリオドに入り、兵庫はディフェンスをさらに激しくし、反撃を図る。しかし、東京は#7が冷静にボールをコントロールし、兵庫の反撃を許さない。兵庫も全員でリバウンド、ディフェンスを頑張り、#4,#5,#15を中心に得点を重ねるが東京の勢いは止まらない。65-28と東京のリードがさらに広がり第3ピリオドが終了する。第4ピリオド、東京は#14のゴール下の活躍を中心に得点していく。兵庫も自分たちの力を振り絞り果敢にプレイする。両チームともに出場した選手がそれぞれの持ち味を発揮するが、結局、83-40の東京の勝利で終了。東京が2回戦に駒を進めた。最後まで諦めずに果敢に戦った兵庫の姿勢も称えたい。

試合日程・結果

一覧へ
一覧へ

3月28日(月)

予選リーグ
詳細へ>

全会場入場無料> |現地レポート>

3月29日(火)

決勝トーナメント
男女1、2回戦 詳細へ>

チケット情報> |現地レポート>

3月30日(水)

決勝トーナメント
男女準決勝、決勝 詳細へ>

チケット情報> |現地レポート>

競技日程をダウンロード