JBA

JBA

現地レポート

未来を切り拓く化学反応 RSS

2016年3月30日 16時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「東日本大震災復興支援 JX-ENEOS 第29回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2016(以下、ジュニアオールスター2016)」は、男子が新潟県、女子が埼玉県の優勝で幕を閉じた。
彼ら、彼女らは間違いなく、この春、どの都道府県よりも強かった。しかしそれが彼らの実力かといえば、まだそうとは言い切れない。なぜなら彼らが発展途上の中学生だからだ。実力に大差はない。
それでも勝因、もしくは敗因を探れば、それは決して一つに収まらない。ファイナリストであってもなくても、また決勝トーナメントに進出しようと、予選リーグで敗退しようと、彼らは同じような思いを抱きながら、今後も続くバスケットの道を歩んでいくのだ。

10年ぶり2回目の優勝を果たした埼玉県女子

10年ぶり2回目の優勝を果たした埼玉県女子

ただ、ジュニアオールスター2016の結果として見たとき、新潟県男子と埼玉県女子は他の男女各47チームに比べて、ほんの少しだけ“チームケミストリー”がうまく昇華したといえる。ケミストリー、つまりは化学反応。チームの“まとまり”とは違う。まとまりはどのチームにも等しくあった。そのまとまりの先に生まれる、そのチームならではの形、力こそがチームケミストリーである。
選抜チームには、都道府県下のエースクラスが集まってくる。もし彼らが、たとえ個性を生かすチームスタイルだとしても、我を出し合っていたら、チームはまとまらない。だからといって周りに遠慮して、譲り合ってもチームは前進しない。

女子の埼玉県はチームが結成した当初、まとまりさえもなかったと百北 眞一コーチは振り返る。「本当にひどくて、これでどうにかできるものなのか」とさえ感じたそうだ。しかし高校生らとの強化試合を通して、徐々にチームとしてのまとまりが生まれ、多少のことでは動じない神経を、少しずつではあるが身に付けてきた。

決勝戦の後半、長崎県#12江村 優有選手の個人技で2点差に詰め寄られたときも、百北コーチは“まとまり”を進化させてきた選手たちなら「やってくれると信じていた」。もちろん大会最優秀選手賞を受賞した#15中澤 梨南選手と、#11倉持 のりか選手のツインタワーに絶対的な自信を持っていたこともあるが、今の埼玉県女子は結成当初の彼女たちではなくなっていた。

それぞれの役割を徹し、大会初優勝を遂げた新潟県男子

それぞれの役割を徹し、大会初優勝を遂げた新潟県男子

男子の新潟県を優勝に導いた堀 里也コーチは「プレイタイムの長短はありますが、それでも彼らが自分の役割を100%表現しようとする姿は際立っていた」と選手たちの姿勢を絶賛した。

粘り強く、忍耐強くプレイするのは新潟の風土に拠るもので、いわば新潟県人の彼らにとっては当たり前のこと。そこにコーチングスタッフが選手一人ひとりに期待することを説明したことで、「選手たちも混乱することなくプレイすることができました。個々の役割をわからせることで、今年の新潟県はそこで勝つんだということを理解させ、その精度を、練習を通して高めていきました」。

選手個々がその役割を理解し、徹することで、単なるまとまりではない、チームとしてより強い力が発揮できる化学反応を起こしたわけだ。

そこには練習だけでは得られない、つまりは試合を通してのみ得られるスポーツ独特の感覚もあったはずだ。勝ち上がってきたチームは勝ち上がるごとに、疲労を溜めながらも、その感覚を体得し、勝利と次への自信に変えてきた。

ジュニアオールスター2016は新潟県と埼玉県が頂点に立った。しかし本当に大切なのはこれからだ。高村 光太郎の言葉を借りれば「僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる」である。

今大会の結果に左右されず、勝っても負けても、日本のバスケット選手として、さまざまなチームメイトと化学反応を起こしながら、これからの道を切り拓いてほしい。

3日間の大会に幕を下ろしたジュニアオールスター2016

3日間の大会に幕を下ろしたジュニアオールスター2016

 

[ 記事URL ]